配信動画の画質について:安全アダルトサイト比較③

annzennadarutosaito

このページでは、配信動画の画質について説明していきます。多くの人は、可能な限り高画質でアダルトサイトを楽しみたいはずです。入会後に、「あれ、なんか画質悪いぞ・・」と後悔しないよう適切に学んでおきましょう。※そもそも画質の悪いアダルトサイトをおすすめすることはありませんが

それでは、配信動画の画質についてのポイントを簡単に解説します。

配信動画の画質についてのポイント

annzennadarutosaito

アダルトサイトの動画は大きく3種類に分類されます。

①超高画質フルハイビジョン動画(1080P Full HD 1920×1080px)

現状、無修正アダルトサイトが準備する動画の中で一番高画質なモノになります。

これがあるところを選ぶのが基本中の基本です。

②動画を複数の画質で配信

超高画質1080P以外にも720Pや480P、360Pなど複数の画質を選択できるアダルトサイトもあります。

選択肢はあるに越したことはなく、ストリーミング再生を視野に入れる場合は重要な要素です。

③低画質動画で掘り出し物

撮影時期が古いモノだけではなく、盗撮系や素人流出系にも低画質動画が存在します。

人によってはリアリティーを感じてツボになるかもしれません。

配信動画の画質:更に深掘りして解説

annzennadarutosaito

それぞれのポイントについて詳しく所見を交えて解説していきたいと思いますので、お付き合いよろしくお願いいたします!

1.超高画質フルハイビジョン動画(1080P Full HD 1920×1080px)

現状、無修正アダルトサイトが準備する動画の中で一番高画質なモノになります。

DMM動画など修正済有料アダルトサイトの中には神画質4K動画(2160P 4K UHD 3840×2160px)も存在しますが、2018年現在で無修正有料アダルトサイトには私が知る限りはありません。

したがって、無修正AVを鑑賞する上でフルハイビジョン動画は一番リッチな画質といえるでしょう。

今の時代だとスタンダードな画質ですので、『カリビアンコム』『一本道』『HEYZO』など大手サイトはもちろん、大抵はどこのサイトでも用意してあると思います。

ですので、そこまで気にする必要はないかもしれません。

むしろ、次の項目のほうが重要度が高いでしょう。

2.動画を複数の画質で配信

超高画質1080P以外にも720Pや480P、360Pなど複数の画質を選択できるアダルトサイトもあります。

720P(HD 1280×720px)とは地デジにやや劣る程度で、まだまだ鑑賞に堪えうる画質に分類される画質です。

480P(SD 852×480px)とは昔のアナログ放送と同じ程度で、現在、一般的に使用されているサイズのモニターやTVで鑑賞するにはキレイとは言いづらい画質です。

360P(640×360px)や240P(426×240px)になると、スマートフォンやタブレットなどの小型に分類される機器での鑑賞でも荒く感じる画質です。

「超高画質なフルハイビジョン動画さえあれば別に問題ないでしょ」と、思われる方もいらっしゃるかもしれません。もちろん、常に自宅でPCやTVを利用し、AVを観る方にはそれでも問題ないでしょう。しかし、次のような方には画質を選択できるメリットが大いにあると断言できます。

①携帯端末でストリーミング再生を利用する方

世は大クラウド時代です。

動画や音楽、写真などスマートフォン本体には保存せず、『Googleドライブ』や『iCloud』、『Dropbox』などインターネット上のストレージ(データ保管)サービスを利用している方も多いでしょう。

AVも例外ではありません。

わざわざダウンロードせず、その場でサッと素早く観られるストリーミング再生を利用している方は多数居られます。

私もよほど気になった作品以外はまずはストリーミング再生で観るようにしています。

その方がいっぱい観られますし、ベッドで寝転がりながら気軽に新作をチェックできますからね。

そのように、ストリーミング再生を利用している方にとって重要なのは再生開始&シーク時の時間、いわゆるレスポンスです。

画質が上がるほど、その動画のファイルサイズも肥大しますので、レスポンスが遅れます。

個人個人で通信環境も端末スペックも異なりますが、些細なレスポンスの遅れでも積み重なれば気になるのが人です。

忙しい現代人は0.1秒でも時間を短縮したいのです!

そこで重要なのがよりファイルサイズが小さく、レスポンスを短縮できる720Pや480Pなどの低画質たちです。

携帯端末での画面サイズならそこまで違和感なく観られますし、画質は気にせず早く観たいときに重宝します。

外出先などで高速通信サービスが利用できない場合はそのありがたみが実感できると思います。

あと、データ通信量に制限がある方にも嬉しいですね。

②作品によってあえて低画質で鑑賞する方

これは実用的なことではなく、あくまで私を含めて一部のマニアが行う手法です。

例えば、盗撮マッサージAVを観る際にわざと低画質にして臨場感を煽り、興奮度を高めたりすることがあります。

また、出演されている女の子が微妙だけど作品は好きな場合に、画質を荒くすることで輪郭をぼやけさせ、想像で美人補正するというテクニックもあります。

と、こんな感じで動画を鑑賞される方にはサイトを選ぶ上で重要なポイントになります。

「でも、私は基本PCだからなぁ」

という方も選択肢はあるに越したことはないので、頭の片隅にでも留めておいていただければと思います。

3.低画質動画で掘り出し物

撮影時期が古いモノだけではなく、盗撮系や素人流出系にも低画質動画が存在します。

後者は、ジャンルの性質上それが当たり前と言ってもいいかもしれませんね。

ここで、とくに注目したいのは前者の撮影時期が古く、低画質な動画です。

「昔の古くさいAVじゃ抜けないし」

と普通は思うでしょうし、その気持ちも理解できます。

私もAVを見始めて10年以上経ちましたが、昔と今では驚くほど画質や音質のレベルが変わっています。

アダルトビデオ初心者時代のお気に入りDVDは今見るとさほど興奮しないものも多いです。

しかし、ちゃんと興奮できる作品が存在することも事実です。

映像や音声が多少古くさく感じても、素晴らしい作品は素晴らしいのです!

ですので、配信動画の中に古くさい低画質動画があっても毛嫌いせず、1回はチェックすることをオススメします。

前述した、ストリーミング再生であれば数分で作品の大筋は掴めます。

思わぬ掘り出し物が見つかるかもしれません。

ここでの最終的な結論としては、現在だけではなく将来的なAV視聴スタイルも踏まえて『動画の画質を複数選べるサイト』には大きなアドバンテージがあるということです。

もちろん、他のチェックポイントもしっかりと確認して、自分に合った最高のサイトを選びましょう。

そんな皆さんの手助けができるよう、私も精一杯頑張ります!

▽次の記事
→4.配信動画の追加&更新頻度

▽前の記事
←2.配信動画の種類と大切なポイント

>>トップページ:安全アダルトサイトNAVI:おすすめ比較専門サイト

© 2020 安全アダルトLABO:ショップ・VR・グッズ用品・相席・比較 Powered by AFFINGER5